南の楽園で学ぶ、長期・短期のフィジー留学

フィジー留学資料請求

南国留学TOP > 費用

images

Q. どういった国籍の留学生がいますか?

日本からの留学生のほか、韓国、中国、台湾、マレーシア、ヨーロッパなどの留学生がいます。国籍については、賑やかな語学学校を目指しているので、これからドンドン増やしていきます。
人口は、約87万人で、フィジー人とイギリス統治時代に開拓民として連れて来られたインド人が半分ずつを占めており、少数ですが、中国人、ポリネシア人、ヨーロッパ人も住んでいます。

フィジーの人たちは親日的で底抜けに明るく、本当に人懐っこい性格はフィジアンホスピタリティーとして広く知られ、何度も足を運ぶ旅行者が絶えません。主島のビチレブ島には、日本やニュージーランド、オーストラリアから国際線が到着するナンディ、首都のスバ、砂糖やパイン材の積出港のラウトカ等があります。小さな国ですが、留学するのに最もお薦めしたい国です。

Q. 英会話初心者ですが、参加出来ますか?

クラスでのレベル分けを行っておりますので、ご安心ください。
また、プライベートレッスンコースにもある程度のレベル分けをします。

  • -----コース
  • -----コース
  • -----コース
  • -----コース

Q. 初めての留学なので、どうしたら良いかわかりません。。

まずは、行きたいと思う期間・日程・ご予算をご検討・ご相談ください。
それから、自分のしたい事を考えるお手伝いをさせて頂きます。行きたい!と思った時が
行動する時です。安心してご相談ください!

Q. この留学にVISAは必要ですか?

観光目的の4ヵ月以内ならVISAは必要ありません。
また、学生VISAの申請も入国してからの申請が可能です。

Q. 参考辞書などはありますか?

現地ではなかなか手に入らないケースが多いですので、日本で電子辞書類はご持参ください。
分からない場合には当社にてご案内させて頂きます。

Q. 病気が心配なのですが・・?

常備薬などは持参しましょう!
現地には病院、ドラッグストアなどがありますが念のために常備薬は持参しましょう。また、必ず海外旅行傷害保険に加入しましょう。

Q. 病気が心配なのですが・・?

常備薬などは持参しましょう!
現地には病院、ドラッグストアなどがありますが念のために常備薬は持参しましょう。また、必ず海外旅行傷害保険に加入しましょう。

Q. 食べ物について

日本食を販売するお店もナンディー市内に御座います。また、野菜などを自炊するとより健康的ですね。

Q. ホームステイの指定は出来ますか?

希望はお伺いする事が出来ます。ただ、数ある中からの手配となりますのであくまでもリクエストでお伺いさせて頂きます。

Q. 現地でホームステイ先を途中変更出来ますか?

基本的には不可能です。ただ、条件などが異なる事が発覚した場合には誠意を持って対応致します。

Q. インターネット環境は整っていますか?

プライベートスクールでの校舎内には無線LANが設置されています。

Q. 現地ではみんなどのように過ごしていますか?

英会話レッスン以外では、のんびり復習予習するもの良し、アクティビティーに出掛けるも良し。皆さん仲良く街に出掛けたりしています。

Q. 持っていくもので必要なものはどのようなものがありますか?

常備薬、クレジットカード、折り畳み傘や虫除けスプレー、帽子、サンダル、保険証書は必ず必要です。他には持ち物リストをご参照ください。

Q. 日本人の割合はどれぐらいですか?

時期にもよりけりですが、基本いらっしゃいます。居なくても、現地で人種問わず和気あいあいと生活しています。この機会に積極的に話掛けて友達を増やしましょう。

英語習得・学校について

現地生活について

▲PageTOP