南の楽園で学ぶ、長期・短期のフィジー留学

フィジー留学資料請求

南国留学TOP > 会社案内

images

ナンディ国際空港の周辺は、フィジーで最も多くホテルが集まっているエリアです。
大型リゾートから、飛行機の乗り継ぎ時に適したビジネスホテルまで、さまざまなタイプが揃っているのも特徴です。
ここを起点としたツアーやアクティビティもたくさんあり、一大リゾートエリアを構成しています。

images 【ナンディ】

ナンディは典型的な観光の町で、最も賑やかなメインストリートは、ほんの1kmほど。通りにはレストランや土産物店、免税店などが軒を連ね、多くの観光客で賑わっています。このあたりでは、Tシャツや木彫りの民芸品、ココナッツせっけん、カレー粉などのみやげ物を買うことができます。
インド料理や中華料理、日本料理などおいしいレストランもいくつかあるので、グルメを堪能するのもきっと楽しいはずです。
ぜひ立ち寄っていただきたいのが、メインロード中央からホスピタル・ロードを東に少し入ったところにある市場。採れたての野菜やフルーツ、魚などがところ狭しと並んでいます。インド人が多いこともあり、珍しいスパイスもたくさん売られています。

images 【ラウトカ】

ラウトカは首都スヴァに次ぐフィジー第2の都市で、西部地区の行政の中心です。ナンディに比べて落ち着いた雰囲気を好む観光客は、ここからリゾート・アイランズやヤサワ諸島へ向かいます。
観光客相手の土産物店も数多いが、ナンディに比べると物価も安く治安も良いです。パンダヤシの並木の続く美しい通りなどナンディとは少し違った雰囲気が観光客に好まれます。

images 【ナタンドラ&コーラルコースト】

ビチレブ島、南に位置する海岸線コーラルコースト。ナンディからコーラル・コーストに行く途中に通る町シンガトカでは、町の中央に市場があり、その市場を取り囲むようにレストランや雑貨店などが軒を連ねていて、賑やかです。
また白い砂浜が綺麗なナタンドラビーチは静かで人が少なくおすすめ!プライベートビーチ感覚で楽しめます。 ラウトカと首都スバを結ぶクイーンズロードに綺麗な珊瑚礁の海が見える。

images 【フィジーの離島バヌアレブ島】

豊かな自然を生かしたリゾートエリアのフィジー第二の大きさ、バヌアレブ島。
穴場的存在が多い離島。アクセスはナンディから国内線で約一時間程。
西北部に位置する珊瑚礁、グレートシーリーフは長さ180kmにも及びます。
世界屈指のダイビングスポットでもあり、ダイバーに人気。
ダイビングのライセンスを取ってぜひ、出かけよう!

images 【ママヌザ諸島 マロロ島】

ママヌザ諸島で最も大きな島であり、いくつかのフィジアンの村があるマロロ島。
リゾートの両側を緑の崖に挟まれたまるで秘密の入り江のような海岸にあり、 隠れ家リゾートのような風貌を見せています。山がちなマロロ島の地形を活かして、高台には珊瑚礁の海を見渡せる テラスやツリートップレストランなどが建ち、変化に富んだ風景楽しめます。

images 【フィジーの離島タベウニ島】

南国の花々が咲き乱れる、フィジー第三の大きさ、タベウ二島。アクセスはナンディから国内線で約一時間程。
日付変更線が通るこの島の広場には変更線看板があります。この看板を境に同じ島なのに、昨日と今日が分かれています。

 

▲PageTOP